⇒本気でブログ運営をして生計を立てたい!真剣にネットで独立起業をしたいなら【仮面ブロガーズプラス】
・FX

通貨ペアを瞬時に見分ける!1秒スキャルFXのデメリットと感想

今回ご紹介するインフォトップにランキング入りをしたMAX岩本氏5分足のスキャルピングロジック「1秒スキャルFX」。

多数のメディアでも紹介されていて現在でも売れ行きが好調のようで話題になっています。

この1秒スキャルFXは、専用のテンプレートを使いながら独自のトレンドに従った手法で“わずか1秒でトレンドを判断しエントリーできる”という初心者の人でも1秒で環境認識をしてエントリー判断ができるようになっています。

3つのインジケーターは少し物足りなさを感じるくらい非常にシンプルな作りです。

最初は「この1秒スキャルFXは初心者向けかな?」って感じでしたが、通貨の強弱を瞬時に判定するマックス・ジャッジメントがとにかく優秀で、中級の方でも十分に使う価値はあります。

注意
手法がある程度決まっている方(特に上級者)
はこの1秒スキャルは必要ないので、他の商材を探しましょう。

それと、バックエンド商品としてオンラインスクールが販売されていますが、あまり効果が期待できないとの声が多いので、そちらに関しては他のサイトで調べてみてください。
 

「1秒スキャルFX」3つのインジケーター

戦略

1 マックス・ジャッジメント(通貨の強弱を判定するツール)

これから「どの通貨がトレンド継続しやすいのか」などを分析できるツールです。

6通貨の強弱が一目でわかるようになっていて、買われている通貨ペアと売られている通貨ペアを瞬時に見分けることができます。

5分足チャートだけをシンプルに見ながらトレンドフォローができるので、何回もチャートを切り替えたりする必要がありません。

マックス・アベレージキャンドル(平均足Smoothed)

ベースのインディケータに独自のアレンジを加えたもので、平均足を応用したトレンド系の指標 になります。

よく初心者の人方にはトレンドフォロースタイルがいいと言われてますが、この1秒スキャルFXではマックス・アベレージ・キャンドルによってトレンドの上昇や下昇の相場が見やすくなっていてるので、初心者の方でも直感的に相場の状況を判断することができます。

マックス・シングル・ボリンジャー(BBands Stops)

ボリンジャーバンドのインディケータでわかりやすくエントリーや決済の判断の根拠を示してくれます。

本来3〜5本のラインで形成されるボリンジャーバンドを1秒スキャルFXオリジナルのアレンジを加えることによって、上昇トレンドの時には下に、下降トレンドの時には上に、1本のバンドが表示されようになっています。

1秒スキャルFXのまとめられた内容の一部

  • 自己紹介
  • FXの基礎知識
  • 基本ロジック
  • 通貨ペアの値動き
  • 基礎のまとめ
  • インジケーター実践解説
  • 実践トレード「基本ロジック編」「応用知識編」
  • 講義動画(軽量版)ダウンロードページ

1秒スキャルFXのメリットとデメリット

メリットとデメリット

1秒スキャルFXのメリット

  • 見るだけで相場分析ができそうなほどMAX岩本氏の解説が非常にわかりやすい
  • マックスジャッジメントが優秀
  • トレンド発生の検知が優秀
  • 無期限・回数無制限のコメントサポート
  • 90日間回数無制限のメールサポート
  • メンバー専用サイト
  • いつでも見れるフォローアップ動画

1秒スキャルFXのデメリット

  • レンジに対応していない
  • トレード時間はロンドンタイム以降
  • マルチタイム分析が必要
  • 1秒で判断は難しい
1秒スキャルという名前の通り所々瞬時に局面を判断するための工夫組み込まれている点、ロジックが一貫していて優位性を持っている点に関して高く評価ができます。

中でも”通貨間の強弱”をチャート内に常時表示させるマックス・ジャッジメント」は非常に秀逸なので、初心者の方に限らず中級の方でも使う価値はあると思います。

スウィングトレードやカウンタートレードーが好きな人には向いていませんが、テクニカルトレードやトレンドフォローが好きな人、また通貨間の強弱を知りたい人にはおすすめです。

この1秒スキャルは、既存のFX商材と組み合わせて使うことによってトレードの精度をさらに高めてくれる可能性もったツールです。
公式ページ

※期間により、リンク切れ等の場合はご了承下さい